’15 Lutecia RENAULT Sport Trophy


  • ’15 Lutecia RENAULT Sport Trophy
  • ハンドル位置 右ハンドル
  • トランスミッション オートマチック(EDC)
  • ドア枚数 5ドア
  • ボディーカラー ジョーヌシリウス(黄メタリック)
  • 走行距離 約16,000Km
  • 車検 H30/12
  • リサイクル料金 預託済
  • Panasonic SDナビ・バックカメラ・ETC・ボディコーティング

ルーテシア4RSに関しまして、kwskは、コチラをご参照頂くとして・・・(収まるところを知らない丸投げ体質)

ルーテシア2から綿々と続くRSの系譜の最終進化型、がルーテシア4なワケですが、まずもっての特異点が、MTではない。ここを問題とする方も少なからずだと思う。(ヨシとする方も意外と多いんですけどね。)
その気持ちはよくわかる。私もできればレバーでかき回したい派である。

糸冬了。

おわらしちゃいかんて・・・そう言う態度だから理解が浅いまま成長しないんだって私は・・・

私儀、正直、上述の理由により、チト避けてた局面もある。それ以外のところもある。
そう、DASS不採用。キングピン角を0°の理想を為し得るためにルノーが満を持してメガーヌ2RSルーテシア3RSに突っ込んだシステムが、不採用。このデメリットは少なからずではないだろうか?

なので、意外と生温かく見守る状態が、暫く続きました。おおよそ数年間。
コレができるのが、ディーラーでないイチ自動車屋の、いいところ。なんでも新しいモノ出たらマンセーして売らなきゃいけないという職務ではないのだ。

なーんて、前期型の終焉辺りになって、弊店お客さんからとあるはなしを聞いた。
“サーキットでルーテシア2RSは、ルーテシア4RSに追いつけない。メガーヌ2RS,3RSはパワー差があるのでなんともだが、ルーテシア4RSは意外と速い。”
ふむ、なんでだろう?ルーテシア4のゼンと同じミッションでしょ?エンジンパワーは200~220としたって・・・
なーんてっても、実際そういう絵に描いた餅は絵に描いた餅に過ぎない。
で、フントにPh.1の終わり際に、立て続けに2台商談が入り、成約。1台はPh.2新車、もう一台はPh.1の走行数百キロの新古車だった。(ちなみにPh.1新古車、あと1台あります。)
で、新古車なので、まとまって乗る機会を得たわけですよ。

納得するしか術はない。シフトチェンジのラグが皆無に等しいのである。

一瞬でシフトチェンジを完了するEDC、なので、加速中でもコーナリング中でも、どこでシフトチェンジしても、トラクションが抜ける感じすらせず、変速を完了し、ギアが繋がった瞬間には、エンジン回転も適切なところからのスタート。

そら速いわ。いくらMT車にクイックシフト入れて人間鍛えたとしても、シフトレバーかき回してクラッチ踏んで繋いでしてたら、失速こそがんばれば防げるがトラクション抜けは防げない。。。

そう、使いこなせれれば、絶対的に、EDCは、速いんです。

と、DASSなし。正直、どーでもよかった。そらあることによる怒濤のスタビリティは、絶大なる売りなのだが、ないルーテシア4がテンでダメなのかって言えば、なくても充分な足を為し得ている。

ここで、スペック厨が罠に陥ったことに気づいてしまうのである。

その上に、そのEDCを操作するモードが選べる、パドルもある、ルノーお家芸である設置館を維持したまま、疑似LSD的な動作をスタビリティコントロールで為し得る、を装備した、ルーテシア4RS・・・

速いです。知らなかったというか、忌避してた私が、浅はかだった。ごめんなさい。

という、どえらぃくイイ車です。

と、そんなルーテシア4RSの、中古車が当該車です。
仕様はトロフィー。固い足にハイパワーエンジンなワケです。
固いといっても街乗りも充分こなせるレベル。路面が悪いとチト突き上げ感を感じるかも知れないが、峠道サーキットを念頭に入れると、それはトレードオフの関係なので・・・
(だから個人的には、 Chassis Sport(通常サスペンション)を激しくお勧めしたい。街中で普通に乗るには、ルノーの美点を概ね備えてるシャシースポール。ご希望であれば、中古車ありますよぅ。)

目に鮮やかなジョーヌシリウスは、当然まだ新しく、独特のぬめっとした質感で、艶々しています。
目立つ傷どころか、小傷も皆無(イヤ細かくみたら中古なのであるかもだけども)。
内装も、粗く使われた感のない、綺麗な状態を保ってます。
新車時にオプションであった、インダッシュナビ・バックカメラ装着済み、ステアリングリモコンも動作します。(でもなぜかETCとナビは繋がってない模様。なんかもったいないけど実用には差し支えないと思います。)
オリジナルのカーオーディオ、ナビとしての機能がない上に、意外と大雑把なユーザーインターフェースなので、日本人にはインダッシュナビ換装が向いているのかもしれない。(というか、質より実を取るなら、シャーシスポールのオーディオで充分あんだよなぁ・・・)

都合、Trophy+黄色+ナビという、フル装備なルーテシア4RSなワケです。(高価だったよなぁ前オーナー。。。)

初回車検を年末に控え、1.5万キロだから、油脂類の交換等のみで充分乗り出せます。
エンジンオイルはYACCO GALAXIE GT、念のため花粉フィルター換えましょうか的なくらいで充分だと思います。

Ph.2のLEDヘッドライトに仄かな憧れを抱くなら、こういった方法で補完も可能です。
また、どえらいく腰を据えて乗る方であれば、sifoの鍛造ホイール、あります。今ならシルバーかグレー、二色選べます。(謎)

という、新車の隣なルーテシア4ルノースポール トロフィーです。
愉しめることは請け合いです。どうぞお早めに。

Share

Leave a Reply