’17 Lutecia RENAULT Sport 1.6T


  • ’17 Lutecia RENAULT Sport 1.6T
  • ハンドル位置 右ハンドル
  • トランスミッション オートマチック(EDC)
  • ドア枚数 5ドア
  • ボディーカラー ノワールプロフォン(黒メタリック)
  • 走行距離 約31,000Km
  • 車検 H32/7
  • リサイクル料金 預託済
  • ETC・スマートフォンクレードル・ドライブレコーダー・アイドリングストップキャンセラー・Bridgestineアルミホイール+スタッドレスタイヤ

ルーテシア4RS、超絶レスポンスのエンジンに瞬時に変速を完了するEDCを組み合わせた、ある意味バケモンな訳ですが、大雑把足回りに2種類ありますねぇ。
Trophy、Cup+カップシャーシーと、ノーマルのシャシースポール。
カップシャーシー、シャーシースポールというのは、大雑把に言えば、足回りの硬さ。サーキットも念頭に置いたカップシャーシーと、街乗りの標準仕様のシャーシースポール。(イヤ他にもいろいろ違うらしいんですが、よく知らないのです。)

kwskはこちらをドゾ。

そう考えると、カップシャーシーがいいジャンって読みの浅い私みたいなのは単純にわかりやすく思うのですが、、、
これが、存外に、硬い。路面のいまいちなトコだと、胃袋でんぐり返りそうな・・・まぁ慣れますけども。
そう、普段の使用にはちょっと悩ましいトコが若干、ないとは言えない。

そこで、シャーシースポール。
適度に締められた足回りは、普段使いも充分こなす。これでも多少硬いかなぁと思わないでもないけども、そこはルノースポールなので、これくらいは必須でしょう。
なので、普段使いも充分こなしてくれます。家族の総スカンはカップシャーシーとほど喰らわないと思う。(といっても、普通の車よりはかなり硬いんですけどね。)

なので、普通に乗るには最適の仕様ではあるのですが・・・
上述の理由により、わかりにくいので、ルーテシア4フェーズ2に於かれましては、初期のみに存在し、途中で輸入が中止された逸品です。

で、当該車。フェーズ2移行直前に発注、日本に向かう船の中にある車を確保した車です。
(フェーズ2は、フェーズ1の各部をリファイン細部を変更、LEDライトを装備した、いわゆる後期型。)

普通に順当に乗ってた車、ETC、ドライブレコーダー等着いてます。アイドイングストップキャンセラー(弊店ではアイドリングストップストップと呼んでますが。)もついてる。(当時一般的な製品版を取り付けてあります。現在弊店では、国産車用を流用したものに換えております。)
前オーナーが用意した、Bridgestoneのホイールにスタッドレスを履かせたものも、あります。

その他、些細な使用感と、純正アルミホイールに軽い小傷があるくらいの、ワンオーナー至極上等な逸品だと思います。

敢えて選ぶシャーシースポール。そこに反応する方のための逸品。
いかがでしょ?

Share

Leave a Reply