’18 RENAULT Twingo 0.9 Tce 90 GT-Line


  • ’18 RENAULT Twingo 0.9 Tce 90 GT-Line
  • ハンドル位置 左ハンドル
  • トランスミッション マニュアル
  • ドア枚数 5ドア
  • ボディーカラー オランジュピメン(橙メタリック)
  • 走行距離 約10,000Km
  • 車検 国内未登録(新規三年)
  • リサイクル料金 未預託
  • LEDヘッドライト

外装色、ルノージャポン扱いの栄えあるディーラー車Twingo3 GTのと同じオランジュブレイズと同じだと思うんだけども、調べるとなんかOrange Piment(ピーマン橙)って出てくる。謎だけども、まぁ調べても車の色が変わる訳じゃないから、追々やってみます。

並行輸入車を日本で登録するにあたって、排気ガス検査を受けて、その成績証明書なるモノが必要。これは1回試験を受けて合格すると、同型車9台合計10台分の成績証明書が発行される。その制度を上手いこと使って、余ってる排気ガス検査を利用しよう計画(ソノはなしナガなる?)の何台目だ?の1台が、このトゥインゴです。

私的には、普通のトゥインゴ3を左ハンドルマニュアルで乗りたいという素朴な欲求から端を発してるので、別にこういったGT-Line(GTに内外装を近づけた限定車?)でなくて普通のでよかったんだけども。。。

ドイツにあったこの個体。見れば見るほど(って液晶画面上でだけだけども)、ワクワクしちゃって、抑えきれずに、不当に高価かったんだけども、まぁいいやで買ってしまった、ある意味私のやらかし案件。

なんで萌えたかって?やっぱさぁ、GTカコイイじゃん。んでも、17インチホイールは普段気を遣ってカナワン。16インチでイイ。あと、ヲサーンはスポーツカーのドタバタ毎日乗る体力はもうないのですよ。そう考えると、オレンジでぶっといストライプ入ってて、シートにもオレンジ入ってて、16インチホイールって、ツボ。な上に、90馬力のフツーのルノーらしい足回り。ドタバタしない。さらに深淵に誘うこの菱沼へ・・・

さてさて、、、

だってそもそも、トゥインゴの数年落ち数万キロ、向こうでは妙に高い。だって新車から高いんだもの。で、向こうのヒトは、車の消耗や瑕疵におおらかっていうか、あんま気にしてない。だからこの辺の中古車は意外と高価な上に、現地ハンドリング通関船積み日本で船から降ろして通関して前述の排気ガス検査手配して、、、どう考えても高価くつく。が、ワクワク抑えきれなかったんだからしょうがないじゃないか!

(で、船積んだら、例のスエズ運河封鎖事件。その時にこのトゥインゴ積んだ船は地中海にいた。引き返して地中海から出たところでスエズ運河開通したのかな?だけども、多分そこから引き返すと、大渋滞のおしりに並ぶことになるから?で、南回り、いわゆる喜望峰回りの長旅を経て、日本に到着したのが、このコです。)

車には罪はない。そこにワクワクが抑えきれなければ、そのワクワクが貨幣価値として妥当だと思う好事家がいれば、買えます乗れます。

さてさて・・・
エンジンは0.9TCeの90馬力。GTの110馬力と比べるとアンダーパワーながら、トゥインゴの性格には合ってる上に、とっても菱らしい気がする。1.0SCe70(今後は65か?)ほどの隔靴掻痒感はない、ので、私的にはこれくらいで充分だと思いますが、いかが?

GT-Line(と呼ばれるらしい)の限定車かなにからしく、内外装がGTチックになっている。基本的な装備ひととおり(電動ドアミラーシートヒーター等々)備えていて、マニュアルエアコン。シートにオレンジのラインが入っていたりして、ぱっと見GTみたいに見える。だがアルミホイールはGTと異なる(多分これオプションな気がする)。でも日本で乗るならこの16インチくらいの方がお気楽でよくない?よくなくなくなくなくない?その辺はお好みか。

ドイツで約1万キロくらい走ってるから、中古車です。若干の使用感はあります。運転席ドア内張にひっかき傷とか、まぁその程度。こらアカンわってほどではないので、現車見てイヤなら換えるなりなんなりご相談に応じます。

だが、日本に来たら、中古車だけども日本では新車新規登録扱いなので、初回は3年車検になります。奇妙に思われるかもですけども、数年経っちゃうと、ああそんなこともあったねぇになっちゃいますので、私はあんま気にしてません。が、お気にされるなら新車をどぉぞ・・・

って言えないんですよ。もう既に、欧州では、Twingo3は既に、1.0SCeのみになってる。他は電気に切り替えられちゃった。もう新車は買えない。だから焦って中古でもいいやで買ったのが私来たのがこの車なんだから。

なので、左マニュアルで乗りたい好事家の皆様、もう選ぶほどモノがナイのが現実。そこ踏まえて、この先5年10年その欲求を満たせるモノを、今のうちに買っておかないと、ナイものを漁るを強いられる時代が、もう目前な現実・・・

さてさて・・・
乗り出すにあたっては、新規三年車検取得は弊店のお仕事なので、まぁいいとして。
ヘッドライトは、Philips LED球に細工して左側通行に対応させてます。名古屋の陸運事務所で合格してるんで、そいでいいはず。リアフォグ左のみは、日本では禁止なので、電球撤去で対応してます。
カーオーディオの周波数帯、欧州と日本で異なる。というか日本が奇妙なんだけども。それは車側の設定を変えて対処済み、日本のラジオ局聴けます。純正カーオーディオ用のスマートフォンホルダーもついてきた。ついでにトリップコンピューターの燃費計算もKm/Lに換えておきました。フロアマットもついてきた(向こうのひと、フロアマット敷かないひと多いので。。。)ので、まんず必要なものは揃ってると言い得てみよう。

あとはお好みで、タコメーター着けたいとか。弊店に於かれましては、Pivotのフツーのタコメーターで充分だと思ってますが、高価いのや専用のホルダーのとか、適宜承ります。
デカいナビ着けるとか、あんま私はお勧めしないけど、ヤレと言われればなんとかなるのかなぁ?
(だって車の寿命よりナビの寿命の方が短い気がするんでスょ私は。車は5年経っても全然現役だけども、5年前のナビって意外と使えない。それ着けるのに5年前大加工したらそれアップデートするのってば、どうするの?そもそも大元の機能を上回るってことはないわけだし・・・って素朴な疑問がついて回る。)
ETC要るよとか、ドライブレコーダー着けたいとか、そういうのも適宜対応差し上げます。通常の弊店の芸風だと、ETCはPanasonic,ドライブレコーダーはhpのをお勧めしております。
(但しETC、現在も供給が不安定。弊店が普段使ってるPanasonicのは、入荷未定と言われてる。なので、その辺は急ぐなら他社製品、場合によってはチト高価かもしれないが、鋭意臨みますよです。)

あとは、新規三年なので、エンジンオイルとミッションオイルは換えて、クーラントは換えるには早い気がしないでもないので、Lubrossの添加剤で延命して、花粉フィルターも換えて、そんな感じで臨もうかな、と。

という感じで、どんな感じだ?わからんけども、Twingo3、LHDMT、0.9TCe90HP、他の装備仕様も、排気ガス検査が残ってる限りは、沸々とやろうかと思ってます。
場合によっては、確保できたら、GT110HPも、やってみてもイイかなぁ?だけども、90HPでこの値段だから、推して知るべしを覚悟してくださいね。

という、左ハンドルマニュアル車を1台でも増やそうと、コソっと暗躍する。
それが弊店なのであります。

Share

2 Responses to “’18 RENAULT Twingo 0.9 Tce 90 GT-Line”

  1. 冨田 より:

    後ろのヤツが気になりますねぇ

    • すずき@PMG4 より:

      そ、そうなっちゃいます?その前にもう1台居るですけどね。

Leave a Reply