’14 RENAULT Twingo 0.9TCe 90 Dynamique ENERGY


  • ’14 RENAULT Twingo 0.9TCe 90 Dynamique ENERGY
  • ハンドル位置 左ハンドル
  • トランスミッション マニュアル
  • ドア枚数 5ドア
  • ボディーカラー ジョーヌエクレール(黄)
  • 走行距離 約35,000Km
  • 車検 新規三年車検
  • リサイクル料金 未預託別途

この個体を確保した頃は、こんな状況に陥るとは思ってなかった。。。
その後、東欧で戦争が始まり、日本円が暴落して、、、

トゥインゴの現地中古車価格が1、000ユーロ以上上がって、、、(ダシアドッケールに至っては2千ユーロ以上上がった。)で、円が大暴落して、、、
なので、今トゥインゴ買おうと思うと、当時より15~20万円高い。。。10%以上の値上げを余儀なくされる。。。

はさておき。。。

日本人、トゥインゴに於かれましては、わりとポップな色がお好みの様子。だが欧州だと、トゥインゴは普通の小型乗用車なので、黒ガンメタシルバー等々、落ち着いた色が殆どで、水色や薄緑、黄色やオレンジやマンゴーの中古車って希にしか見ない。

で、偶々みっけたのが、この個体。
グレード名は車自体に記述がないので確定しにくいが、推定LIMITEDと思われます。
向こうから来た書類にグレード名記載があり、ディナミクエナジーというらしいです。欧州では一般的なグレード、LIMITEDのベースになる車輌、ディナミクにエアコンがついてお買い得仕様がリミテッドなので。
ヨーロッパの基本グレードにエアコンのみ装備してお買い得にした仕様、です。
なので、ドアミラー手動、グローブボックス蓋なし、スチールホイール、スピードリミッターのみクルーズコントロールなし。その他快適装備は最低限のもののみです。

なので、電動ドアミラー必須とか、バックするときピーピー言ってくれないと困るとか、だと、困るのかも知れない。だけど、欧州ではそれが普通だし、そもそも昔はそういう装備なかったし。まぁ困らんか、というなんか欧米か!ってな思考回路で選んでしまった逸品。

で、日本に正規(w)輸入される前、2014年に生産、現地で登録された車輌、と思われます。

内外装、年式距離で考えれば順当な状態でこざっぱりしてますが、前バンパー左隅、後バンパー左に軽微な擦り傷加修しました。、ホイールキャップに軽微なクラック(ひび割れ)があります。その他も細かいこと言えばあるかもですが、中古車なので基本的には現状優先です。直したい場合は別途申し受け致しますのでご相談下さい。

ヘッドライトは右側通行用が装備されてますが、弊店ではPhilipsのLED球に細工して左側通行に対応させてます。リアフォグランプが左のみは、日本では禁止なのですが、使用できないようにして対応させてます。

カーオーディオ、弊店到着時には当然ドイツの?ラジオ周波数帯域になってましたが、TEXAのテスターで日本の帯域に変更済みです。

タイヤ、距離からして減ってて致し方なしだろうの覚悟してましたが、Continentalのオールシーズンタイヤがバリ山で来ました。ありがとう前オーナー。感謝します。
できることなら、アルミホイールくらい奢ってやりたい、私的にはENKEIのAll Nineがお気に入りなんですが、どぉ?既設のタイヤ空気圧センサーを移植してもいいし、センサー新調して今着いてる鉄ホイールをスタッドレス用n。。。オールシーズンタイヤやないかい!(喜)

日本では新規三年車検となりますので、ブレーキフルード、エンジンオイル、フィルター、ミッションオイル換えて、花粉フィルター換えて、補機ベルト換えて、新規車検請けて登録してのお渡しの予定でおります。

その他、純正スマートフォンホルダーはあると便利かも。USBソケットもついてるし。と、ETCは必須ですよね。Panasonicのもの着けましょう。タコメーター要るなら着けますし、ドライブレコーダーも要るカモね?夢膨らむなぁたのスィいなぁ。

さぁだんだん0.9TCeの排気ガス検査も残り少なくなってきた。初期のはあと1台分しかない。改めてガス検査取る気は弊店にはないので、モノはあるうちに、ドゾ。

Share

One Response to “’14 RENAULT Twingo 0.9TCe 90 Dynamique ENERGY”

  1. rallye より:

    買わないけど、clioが消えたのが、すっごい気になる。売却済み?

Leave a Reply