’14 FIAT Qubo 1.4 8v


  • ’14 FIAT Qubo 1.4 8v
  • ハンドル位置 左ハンドル
  • トランスミッション マニュアル
  • ドア枚数 5ドア
  • ボディーカラー アズーロイデアリスタ(青メタリック)
  • 走行距離 約110,000Km
  • 車検 R5/10
  • リサイクル料金 預託済
  • ETC・Bluetoothアダプター・純正同色前後バンパー・左前シートレール(RECARO用)

フィアット クーボ。4mな全長がもたらす取り回しやすさ。左右スライドドア、リアゲートが観音だったらサイコーなんだけども、それは欧州では商用車な装備なので望めず、だが、総括して、至極日本向きな車だったと思います。なぜ正規輸入されなかったんだろ?一部受けするはずなのに。

フィアットとプジョーシトロエンの提携により生まれたクーボ。なので各社に兄弟車が居ます。その上にフィアットに派生モデル、フィオリーノ(商用?)も居ます。
さてさて、クーボにおかれましては、ボディ側あらかたはフィアットな雰囲気ですが、エンジンはプジョーシトロエン伝統のTU型と呼ばれる経済的なエンジン。絶妙な耐久性とフレキシブルなパワーとトルクに昔から定評のあるエンジンです。(多分シトロエンネモもプジョービッパーもフィアットフィオリーノも、基本的には同じではないかと。(触ったことナイのでよく知らないのです零細個人事業ナノで弊店は。))
(なんでFIREエンジン積まなかったのかなぁ?あぁそうすると完全にFIAT車になっちゃうのか・・・)

さてさて、当該車。

弊店のむかーしからのお客様が、弊店で新車でご購入いただいたQuboです。
登録後程なく、ルーフレールを撤去して、前後バンパーを、欧州のベーシックグレードの、無塗装バンパーに交換しました。なので、同色前後バンパー、あります。ご購入された方には半ば強制的にお持ち帰りいただきます。
(同時に、Qubo用で作った前左シートレールもあります。前オーナーから頂いたホイールキャップや純正カーオーディオ等もあります。これらも一切合切全て強制的にお持ち帰りいただきます。が、ルーフレールは行方不明なのです。発見されたらやはり強制的にお持ち帰りいただきます。お好みで、フィアット500の鉄ホイール4本あります。多分使えるはずなので、ご希望ならば差し上げますので、お持ち帰り下さい。)

過去、非常にまめまめしくオイル交換してます。殆どがUnil Opal Opaljet 24S,最近はキャンペーンでLONGLIFE3、たまにLubross Supernovaで、数えてみたら過去15回換えてる。(汗)
タイミングベルトは2019/5に6.2万キロで換えてる。その他目立つこわけた直したは、パワーウィンドウレギュレーターを左右1回ずつと、O2センサー換えたくらい。その他は順当な消耗品ばかり。つい最近までは割と成績のよいコでした。

2021年に、軽く被追突されてます。車体の骨格には全く影響はないので事故歴にはあたらないはずなのですが、現実、リアゲート回りは若干触ってます。が、実用上には差し支えないはず。

だが、この車齢この走行距離になると、相応に各部劣化消耗は出てきていて・・・

内装、至極普通に使われていたので、それ相応に使用感あります。が、運転席は、RECAROに換装されてましたので、殆どへたってません。よかったね。
外装、目立つ傷凹み等はないので、パリッと磨いてやればカコよくなると思いますが、無塗装バンパーの褪色は致し方なく・・・それよりかホイールキャップの褪色が著しいってか、一回りしてこういうモノかも?って感じ。外して塗る?にしても、多少欠け割れありますし。2枚新品が車載されてますが、あと二枚新品が手にはいるかは、謎です。国内にはないと思うし。

始動時に油量警告灯が時折点灯します。そのまま小一年なので実害はないのですが、うーんなんでだろ?チト悩ましい。センサー換えてみたりしたんだけどなぁ・・・

もっと悩ましいのは、、、積算距離計が点滅している。TEXAのテスターによれば、コンバージェンスという名称のコンピューターが反応していない。このコンバージェンス、運転席の床にあるユニットと思われなのですが、車内のカーエレクトロニクスを司ってるらしい。時折カーオーディオ右スピーカーが音でなかったり不安定な動きするのはこれが原因か?換えてみないと分からないという、気絶するほどの悩ましさ。
で、そのコンバージェンスコンピューター、種類が多い上に、1コ十数万する。国内に在庫はなかった。でもって、それが原因ではないかは推測の域だし、実用には差し支えていないので、まぁいいやでそのまま乗ってました。

カーオーディオ自体は、欧州仕様デッキのパネルだけ外して、フィアットのデーラー車のデッキに付け替えて使ってます。この際に何故かオーディオ本体からVol.が調整できなくなって、でもステライングのリモコンからはできるので、まぁいいかでそのまま使いつつ、そこにBluetoothのアダプターをつけてあります。が、どうも動作不安定なので、あんまし期待して貰っても困るなぁ・・・

さぁいまから乗るにはどうする?

正攻法でいくには、、、
コンバージェンスコンピューター交換して、動作を確認して、距離計点滅しなくなればOK。
カーオーディオは、国産汎用デッキに換装と、ステアリングリモコンのアダプターを入手して操作できるようにする。
これで距離計点滅しなくなれば、BluetoothとUSBをステアリングリモコンで操作できるようになる。
総予算20万円くらい?

うーん、やってみたい。
けど、まぁ、実害出てないので、このままで実害出るまで乗り倒してもイイような気もするなぁ・・・お金掛けたくなかったらリモコン諦めてオーディオだけアリモノに換装でもいいかもだし。。。

という、次のオーナーの本気度を試されるのかも?なフィアットクーボです。

Share

Leave a Reply