SHP JANTES | Unil Opal

要は、ホイール用、ブレーキダストクリーナー。

ラテン車を含め、ヨーロッパ車のホイールは、ブレーキダストで汚れます。
これは、そういうものです。たぶんメーカーが、効きの性能を優先して、鳴きの少なさとかダスト低減とかを”さておき”にしてるって説と、彼の地では、日本みたいに頻繁に止まらないから、そこまで要求してないとか、汚れるモノだと割り切ってるとか、諸説飛び交う訳ですが・・・

まぁそんなんは、どうしてもなんとかしたいなら、効きを蔑ろにしてダストのでない、又は、ある程度でバランスを取ったりしたブレーキパッドに換えればいいことなので・・・

んでも、汚れたモノは掃除したいゾ。できればお手軽に。

うん、量販店に行けば、その手の洗剤、ブレーキダストに触れると紫色に変色する洗剤、売ってます。安価です。

糸冬了。

だから終わらすなっての。いやでも今まではそこで終わってた。

そんなトコに(で)お嘆きの貴兄に、画期的な商品がココにっ!

SHP Jantes / Unil Opal

用途
シャンプー ジャンテスはアルミニウム(アルマイト処理されたもの)、鉄、プラスチック製のホイール用つや出しクリーナーです。

(プラスチック製ホイール?ホイールキャップのことだろうねぇ。でも、Verniesって書いてあるから、塗装(クリアー含む)したものに使うものな気がする。)

本製品は、乾いたホイールの上部から下部にかけて霧状に噴射塗布し、その後高圧の水で洗い流すだけで、艶のある美しいホイールに仕上げます。
注意:この製品は、ホイール又はホイール装飾品に使用してください。万が一その他に使用する場合には、使用前に目立たない場所に少し噴霧し、問題がないことを確認して使用してください。
利点
傷をつけずにホイールを綺麗にします。
ホイールを保護する特殊な膜の効果で、錆などの金属腐食を抑制するとともに汚れの再蓄積を遅らせます。
酸や有害な溶剤(ベンゼン、エーテル、アセトン、塩化物溶剤など)を使用していません。
本製品は非可燃性です。

(不燃性ってコト?)

使用温度範囲 +5~+50℃

と、以上輸入元さんから頂いた資料そのまま。

ややこしいけど、ホイール専用、アルカリ性洗剤、です。

正直私は、まだ使っていません。サンプルも貰えなかったくれなかった。製品の入荷まで黙して待ちました。
入荷したら、ホスィ仰られるお客さまに引き当てる分仕分けるので精一杯。まだ相変わらず使ってない。

現品到着の次の日に、サンプル頂きました。

試してないので、Unil Opalさんが、ユーチュー八”ーのように作った動画見て、フムフム言うしかできないわけですが・・・

従前の従来品、上述の、紫色になる系のホイール用洗剤は、ダストを洗って流しておいて、その上からかけないと、あんま効果ナイのです、というか、その方が効果が出やすい。というか、こびりついた汚れを溶かず的な使い方になる。場合によっては時間をおいて、擦ってみて、そいでもダメなら何度も施工して、あんま時間置きすぎたり回数が短期に過多だと、ホイール自体の艶が失われたり・・・意外と使い方がヤヤコシイのです。

そのなか、SHPジャンテス、当該商品、ダストがついたまま吹き付けて、洗い流せば、綺麗になるらしい・・・ということは、相当な性能が担保されてると言うことが、容易に観てとれよう。これで、ウエスやブラシや刷毛の届かないところにも、薬剤が届きさえすれば、少なからずの効果が期待できるのではないか?

無塗装黒鉄スチールホイールにはどうなんだろう?そもそもアレって塗ってない、Verniesとは言えないような気がする。ホイールキャップの下は、洗うとか想定してないからなぁ。だから錆びる、ってコトは、真っ当な塗装を施してない。塗装の上に使う想定のキツい洗剤は、あんま向かないのかもしれないなぁ・・・ってまぁ短期的にはさほど影響は出ないとは思うけども・・・試そうにも弊店斜陽車過疎愚ー、パトカーみたいな黒鉄ホイールの貧相さに耐えかねて、銀に塗っちゃったしなぁ・・・

フムフムの思索の深淵をさまよったあげく、発注して、商品初回便到着後に、サンプルを頂けたので、試してみた。

クロノロジカルオーダーで、施工前、噴霧して数分放置後、水道水圧で流した後、ホイール用ブラシで大雑把に擦って流したの図。

ユニルオパールさんの、SHPジャンテスのユーチューブデモ動画だと、高圧で吹き付けてますが、一般的にその設備持ってる人はさほどいない。弊店にはむかーし買ったのが、あったのだが、壊れて捨ててから更新してない。なので、一般的なホース+takagiノズル(お勧め)で、水道水圧で流しただけ。でも、三枚目くらいになる。充分な気がする。不足である不満であるより綺麗にしたければ、ブラシで擦って四枚目。だがココが弊店、こまかいところまでは割愛しましたよ、という手抜き施工の図でした。が、なんか艶っとしてるのが見て取れる四枚目。(気のせいではないと思うのだが・・・)

こら、お手軽施工でも、結構、イイカンジに綺麗になりますよ。
で、まーちょいっとわかりやすい例をば・・・


クロノロジカルオーダーで、施工前、噴霧して数分放置後、水道水圧で流した後、ホイール用ブラシで大雑把に擦ってウェスで拭って、流したの図。
なんとなく黄ばんでたのも一緒に落ちてしまったような気がする。気のせいかもしれん。いや、落ちてると思う。画像でお察しいただけるであろう。

何日かおいて延べ数回やれば、相当綺麗になりそう。(この手の薬剤は、キツいのが少なからずなので、イラチって短期にガシガシやると、塗膜というかクリアー膜を侵しかねないので、気長に数回数週間に分けてがいいような気がするなオッサンは。)

こら、効果的だ。このポテンシャルはなかなかなモノです。
売れるかもしれん、という期待を抱いて、試してすらいない状況で、取扱を開始いたしましてで御座います。

初回入荷10本限り、UnilOpalステッカーを添付いたします。
完売しました。次回入荷は未定です。

遠方等で送り差し上げる場合は、こちらで、送料と支払い方法をご検討いただいた上、必要本数と、お送り先、発送便とお支払い方法を、こちらからご指示ください。
適宜、折り返しご案内差し上げます。

だと、あまりに不親切なので、ショッピングカートらしきを新設して試験運用中です。宜しければ動作確認にご協力ください。

やっぱホイールは綺麗に越したことナイよね。
一本試してみたらいいかもしんない。

是非何卒で御座います。

Share

4 Responses to “SHP JANTES | Unil Opal”

  1. シバッチRS より:

    紫色に変色するタイプは強すぎてホイールの塗装面も落としてしまう
    リスクがあるそうです。
    この「ユニオパ」のクリーナーには期待しています。
    まずは1本購入して試してみたいと思います。

    • 興味を示した友人の分と2本購入致します。

    • すずき@PMG4 より:

      塗装面を落とす、というか、滞留時間が長いと、クリアの艶が飛んでしまうの、ありますねぇ。ありがとうございます。

Leave a Reply