’06 FIAT Grande Punto 1.4 16V Sport


  • ’06 FIAT Grande Punto 1.4 16V Sport
  • ハンドル位置 右ハンドル
  • トランスミッション 6速マニュアル
  • ドア枚数 3ドア
  • ボディーカラー ロッソパッショナレ(赤)
  • 走行距離 約38,000Km
  • 車検 H31/8
  • リサイクル料金 預託済
  • キーレスエントリー・ETC

昨今、車が皆大きくなって、概ね皆3ナンバー(全幅170cm以上)な時代になってしまい・・・小さい5ナンバー(全幅170cm以下)のオモシロイ車が減ってしまったって事実は、事実として事実です。そっからまた原点回帰なのか、フィアットで言えばバンダ3、ルノーのトゥインゴ3が今でも頑張ってます。が、MTで乗って愉しいかどうかを問うと、まぁそりゃもちろん現代版アバルトとか、ルノースポールもあるわけですが、そこまでのスペックを求めていない、という私みたいな層、床まで踏めるエンジンでぶいぶいブン廻して乗りたいという好事家も、未だ、絶対的に、少ないながらも、まだ居るわけで・・・
(いや、安からずだけども、アバルトとかRS買える方はそれでイイと思うのです。でも、それらには、それ相応の維持管理がついて回るわけですよ。薄っぺらいでかいタイヤだけでなく、各部エンジン廻りの消耗品も微妙に違って高価だったりするのは事実。一般人にそれを強いるのはちと酷なのかなぁって気もするわけですよ。)
なので、私のような一般人は、ちょっとスポーツ系くらいが、充分に愉しめる範囲な気がするのです。
で、昨今のエコ至上主義もあいまって、ツボにはまる仕様がないという、二極分化甚だしいのが現代なのです。

そう、5ナンバー、MT、ブン廻して、そこそこなパワーを存分に愉しめるエンジン。

そういう車が、意外と少ない。
その少ない中に、意外と皆忘れてる、グランデプント1.4 16Vスポルト。

1.4ツインカムでそこそこの動力性能を確保した、5ナンバー枠に収まるグランデプント。アバルトほど肩肘張る必要もない、さらっと乗れる、愉しげなグランデプント。
意外とイイと思うんだけどもなぁ。

さてさて、いきなし当該車。
正直、あんま期待してなかったんですが、現車到着してみたら、どえらい綺麗。
リアの羽根、サイドスカートに若干の褪色はありますが、概ね艶を保っている。細かい小傷、エクボ等はありますが、外装は中古車としては順当な範囲だと思います。ご希望なら別途修整塗装エクボ修理等しましょうか?
ヘッドライトも褪色というかありますが、概ね許容範囲じゃないかなぁ?
アルミホイール、塗装の剥がれが散見します。が、あんま目立たないと思いますけども、現車見てご検討ください。気になるなら塗装し直すか。。。いっそのこと社外アルミホイール等、カコイイのに換えるか。適宜承りますよ。
内装も粗く使われた雰囲気はない。これはいいトコのご子息だったのでは?
乗ってみても、エンジンは活発そのもの。1.15tの重さをものともせずで、結構動きます。ちょっといいオイル奢ってやれば、存分に愉しめるんじゃないですかねぇ。
クラッチの消耗、ないと言えば大嘘なのは当たり前ですが、今すぐどうこうって雰囲気でもない。イイカンジだと思います。
足回りショックアブソーバー等も同じく、イける範囲でしょう。
若干、エンジン振り気味な気がしますが・・・下側エンジンマウントかなぁ?ちと生温かく見守ってますが・・・
同じく、エアコンのブロワー(扇風機)、若干唸り気味な気がするけど、これこういうものにしては五月蠅いかもなぁ。なんか微妙。でもガンガンに冷えて風も出るので、やっぱ生温かく見守ってますが・・・

ステアリングが若干右向いてる。車検時にサイドスリップ調整したときに手を抜いたか、タイヤ換えたときに変わっちゃったか・・・私儀、これキライなので、どっかでなんかのついでに、やっておきます。済ませておきました。とはいってもいわゆる通常の私が車検請けた際のサイドスリップ調整の範囲なので、完璧な正確さを求めるのであれば、アライメント調整をお勧めしますよ。

フィアットオートジャパン謹製の国産キーレスエントリーがついてます。たぶん、当時は、電波法という大人の大人げない事情で、FIAT純正キーレスを日本で使うのは好ましからざるで、国産キーレスを後付したんだと推定します。で、このキーレス、ハンズフリー機能(鍵持って車を離れると施錠、近づくと解錠)があるんですが、私儀、他のフィアット車でこの後付キーレス、いままで真っ当に動いてるの見たことなかった。壊れてるか誤動作する(発信器居ないのに勝手に解錠施錠する)のばっかしだった。なのに、このコについてるのは、真っ当に動作してる!近づくと解錠離れると施錠する!というか、車の側にいると頻繁に施錠解錠してくれる。機能しすぎ、五月蠅い!(驚)なので、そのまま使えるんじゃないですかねぇ?(私はなくてもいいのでとめたいんだけども、どうやったらとまるんだろコレ?)
カーオーディオも当時純正装着だったのか?のPioneer製です。CD/AM/FM+AUX入力があるので、実用上は差し支えないかと思います。

ワイパーアームがイマドキのになってるので、Uフックのワイパーブレードはつきません。CHAMPION EASYVISION MultiClipで対応できますが、確かグランデプント、Valeoの社外品の方が若干安価であった。たぶん同じ。ともあれ、換えましょう。後ろはリフィル(ゴム)だけで換えれると思いますので。

エンジンオイルは、ガシガシ廻して乗る方なら、YACCO YC-454かGalaxie GTでしょうね。普通に乗る方ならVX-600で充分かも。ミッションオイルはBVX-600でイイと思います。

という、5ナンバー右マニュアルの伏兵、グランデプントです。

Share

Leave a Reply