FIAT Doblo Lounge 1.4T

沸々と、えぇ沸々と・・・

最近、欧州も次第にディーゼル離れが進んできまして・・・
というのは、いわゆる、私が好きなフルゴネット系の車、ここしばらく欧州でははディーゼル車が多くなってきて、特に大きい車はガソリンの設定がなかったのが多くて・・・

イヤ別にいいんですよ、ディーゼルでも。
太いトルクでドカーンと走るには、ディーゼルは結構イイ。
だけども、MTで回して走るには、爽快感に欠けるのです。ATや自動変速ならそういうこと考えないでいいんですけども。
ましてや、車重が2tに届こうかって車なら、それは多大なるメリットになる。

だが私儀、1.5t以上の車は、できれば避けたい。
あんま大きい車も、できれば避けたい。
排気ガス検査、ガソリン車の3倍以上のコストをそこに掛けてまで、ディーゼルに臨むのは、できれば避けたい。。。

私には不要ですが、椅子が7つとかあったら、モアベターよ♪

という、永遠に成立しない命題を追及し続けるんですが・・・

そんなところに、フィアットドブロ。
全幅こそ1810で幅広いが、長さは4406でさほど長くない。
で、オプションで7名乗車仕様がある。

なんか、いいかも♪
エンジンは1.4ターボ120馬力、それくらいをMTであれば動力性能には問題ないでしょう。
なにより、ディーゼルでないから排気ガス検査が普通のコストですむ。

えっと、いくらくらいになるんだろう?
車体で弊店店頭渡し、270万円くらいか。消費税入れても300万円以下。
7人乗りオプションが10万円くらい。これで約300万円。

で、リアゲート観音開きが、オプションで選べる!
こ、これは・・・(萌)
欧州におかれましては、人が乗る車、RVとして使う車は、ハッチバックが一般的です。雨の日は屋根になるし。
では観音開きはってっと、基本、商用車です。狭いところでも荷物の積み卸しができる。小さい荷物は片側だけで扱える。
なので、RV的な仕様で探すと、ハッチバックが殆どなところを・・・
7人乗り観音開きが、造ってもらえる!(萌)
(当然、現地在庫車でその仕様は、まずないので、希望するだけムダです。造ってもらうしかない。)

観音開き7人乗りガソリン車のドブロが300万円チョイ!
萌えを禁じ得ません・・・

ボディカラーをコレにして、内装コレにして・・・

妄想は続く。

Share

Leave a Reply