【EVENT REPORT】FRENCH TOAST PICNIC 2017

2017年5月28日(日)、福井県金津町にある「金津創作の森」にて恒例の「フレンチトースト・ピクニック(FTP)」が開催。今年で15回目を迎る同イベントは、ゲーム形式の「コマ図ラリー」、ボンネットバスに乗って走る「ボンネットバス遠足」、「フリーマーケット」などが行われた。少しひんやりとした乾いた空気が心地よい五月日和。今回もクルマを肴に行ってみよう!

Morita(以下、M):今年も晴れましたねぇ。
Suzuki(以下、S):晴れたねぇ。
M:やっぱりFTPの晴天率はすごい。
S:むかしは雨降ったときもあったけどね。ここ数年は天気いいね。
M:まぁ、毎年何事もなく例年通りこういうイベントが当たり前のように開催されるのは、幸せなことですね。
S:そうねぇ。
M:では、こちらも例年通り行きますか。
S:ええ、ええ。
S:これ、見て。
M:お、ウラルですね。
S:これさ、ドライブシャフトが側車のタイヤも回してるんだね。
M:おー、ほんとだ! つながってる!
S:だからこの「2WD」のエンブレム!
M:誇らしげ!

 

 

S:いい2ショット!
M:色は同じで前期・後期。
S:やっぱり前期だよねぇ(左ね)。
M:ですよねぇ。
S:後期の標板付けるところ! 何でそうなった!
M:あれ、何とかならんもんですかね。
S:ちょっとみっともないなぁ。
M:でも、この頃からX07シリーズに移行するデザインテイストの片鱗が見えますよね。

S:ピアッツァ!
M:ジウジアーロ!
S:きれいに乗ってるね。
M:塗装の傷みも少ないし、この色がまた渋い。
S:ハンドリングバイロータスでもなく、イムルシャーでもなく。
M:運転席回りの操作系スイッチもいいですよね。
S:極力ハンドルから手を離さずに操作できるようになってる。ウィンカーも「レバー」じゃないもんね。
M:いまとなっては貴重なクルマですね。

 

S:そんなこと言ってたら、また普通のがきた。
M:ZX! もういまとなっては見ないですよね。
S:しかも「クラブ」。
M:このクルマのボディもきれいですね。
S:赤は色あせやすいのに、いいコンディション。

 

 

M:はい、来ましたよ、トラフィク。
S:投影面積でかっ、存在感もでかっ、中も広っ、イス外したら暮らせるっ!
M:存在感ありますよね。物質的、規模的なのも含めて。
S:しかも、これがウチに2台あった日にゃ……。
M:2列目、3列目、外すの大変でしたね。
S:店にいたときは早く納めたいと思ってたけど、またぜひやりたい。「イイなー」って言ってるだけじゃない好事家さま、ご商談お待ちしておりますっ!

 

M:どことなくサーブっぽいけど、シュコダでした。
S:むかしのオペルとか、いすゞな雰囲気もない? 色のせいかなぁ。
M:ああ、オペルっぽい感じもしますね。120Lって書いてあります。
S:だがしかし、このクルマについてまったく知識を持ち合わせていない……。
M:ええ、ええ。120Lだと分かっても、その後何も出てこないという。

 
S:こ、こ、これはっ!
M:ゴールドのスピードライン……の、ホイールキャップ!?
S:新機軸だ……。
M:この発想はなかった……。
S:遠くから見れば分かんないかも。そういえば、陸運支局でとある国産車のタイヤのサイドウォールに何か書かれてて。白文字で「MICHELIN」って例のイタリックのロゴ。でも、よくよく見るとタイヤのメーカーは「クムホ」だった。これもまた新機軸である……。
M:新機軸、流行りですね。

 

 

S:(そそくさとリアに回り込む)
M:メガーヌ・カブリオレを見ると、後ろをチェックしたくなるすずきさん(笑)。
S:おお。
M:いい感じですか?
S:これはきれいに収まってる。
M:後ろのナンバープレートの処理がたいてい野暮ったくなってますからね。
S:うむ。

 

(リアのナンバープレートが白になっているのに気付き)
S:ん? 白ナンバー?
M:あれ、ほんとですね。青じゃない。
オーナーさん:2人乗りできるように変更しているんですよ。
S:へー!
M:でも、これで2人乗りはきついですよね。
オーナーさん:大人は無理ですけど、子どもとなら乗れるので(笑)。
M:なるほど。
S:うちのよりきれいだな……。

 

S:おおっ、これは!
M:え、普通のトゥインゴじゃないですか?
S:あのバッヂが本当なら「16V」。
M:マジっすか! 最後のほうに設定されたモデルで、日本には正規で入ってないDOHCエンジンの。
S:そうそう。たぶん。
M:初めて見た!
S:でも、見た目は一緒という……。

 

S:テーマ8.32。
M:ジウジアーロ、V8 32V、フェラーリエンジン。リッチなモデルですねー。
S:なかなか維持していくのは大変でしょうに。
M:そうですよねぇ、きっと。ちなみにナンバープレートのモザイク処理、これだけ後加工してないです。こういうカバーをオーナーさんが作って貼っているという(笑)。

 

 

M:R10ですか。
S:ディズだね。ルノー最後のRRセダン。R8のボディを使ってホイールベースとフロントオーバーハングを伸ばしてる。R8の豪華版みたいな位置づけかな。丸目なので、前期。
M:R8ベースだけど、雰囲気はぜんぜん違いますね。

 

 

S:ん?(リアガラスに貼られている「France Motors」のステッカーを見て)
M:クリオウィリアムズですよね。
S:クリオウィリアムズは基本的に並行モノしかないのが通説。で、これはフランスモーターズが特注でクーラーを装備して正規導入しようとサンプルで取った1台。わずか10、20台くらいのうちの1台だからまず見ない。私も初めて見た。
M:そうなんですか。知らなかったなぁ。
S:貴重だから市場にはまず出てこないし、手放す人もいないだろうし。名車ですなぁ。

 
S:またトゥインゴだけど、今度は「イニシャル」。
M:豪華仕様ですね。
S:これはオプションだったサンルーフも付いているからフルだね。
M:革シートに革ステアリング。カジュアルなイメージのトゥインゴだけど、こういうのもいいですね。

 

 

S:ラーダニーヴァってまだ新車で売ってるんだっけ?
M:売ってるみたいですよ。
S:デザインは大きく変わってないけど、いろいろと進化してるんだろうね。
M:勝手なイメージでリーフスプリングかと思ってたけど、コイルスプリングなんですね。
S:ジョイントもボールジョイント。

 

 

S:いやぁ、毎回思うけど、FTPに来ているクルマって、きれいなのが多いね。
M:ほんとそうですね。何ででしょうね。
S:うーん、よくわかんないけど、クルマを本当に大事して乗っている人が集まってくるんだろうね。
M:やっぱりきれいなクルマは見てて気持ちいいですからね。
S:それにしても、フランス車のイベントなのに、カングー少ないね。
M:そ、そう言われれば……、確かに少ない。たくさんいてもおかしくないのに。
S:これもまた不思議だね。

※毎度のことですが、内容はその場のノリでしゃべっていることが多々ありますので、多少は間違ったことを言ってる可能性もありますが、ご容赦ください。あとFTPにご参加した皆さんのお車、勝手に撮影しちゃってすいません。もし「載せないで!」という方がいらっしゃればご連絡ください。すぐに削除いたします。

 

TEXT & PHOTO/Morita Eiichi

 

Share

Leave a Reply