Archive for the ‘vive le minorité’ Category

RENAULT Twingo 1.0 SCe 70

日曜日, 4月 8th, 2018

「○○らしさ」って何だろう、と考える。「○○らしさ」という言葉には、広義に使われることが多いからだろうか、どこか普遍的な要素を感じるのだが、その実、まったくそんなことはなく、おそろしく個人的な価値観に基づくものである。男らしさ、女らしさ……。そんな「らしさ」には絶対的な指標などなく、大多数がイメージしているだけのことだ。当然、時代が変われば「らしさ」も変わる。自分の価値観を時代に合わせてアップデートしていることは必要だろう。しかし、無理に時代についていこうとすれば、たちまち「自分らしさ」を失いかねない。

(さらに…)

Share

週末にはアップします!

水曜日, 4月 4th, 2018

毎度、言い訳のエントリーです……。

例によって執筆が遅れておりまして大変申し訳ありません。

週末にはアップする予定です。

今回はTwingo 3です!

Share

RENAULT Lutecia 16V

水曜日, 3月 7th, 2018

ルーテシア4 RS、ルーテシア2 RS ph2に続き、さらに先祖返りし、今回は初代ルーテシアの16Vが登場。ルーテシア1といえば、クリオ・ウィリアムズが圧倒的に著名だが、これは16V(本国では16S)。ルーテシア2でいえば、ルーテシアRSとルーテシア16Vのような関係か。まぁ、とにかく一段下がった立ち位置にいるので、あまり馴染みがないかもしれない。

 

 

(さらに…)

Share

RENAULT Lutecia RENAULT Sport 2.0 16V

月曜日, 2月 5th, 2018

人間の価値観は年を取るごとに変わっていくものだと思う。その変化を、おそらく自覚できることは少ない。もしはっきりと自覚できるとしたら、同じモノに対して時代を超えて触れ合ったとき、その印象が若いころといまとではこんなに違うものか、と感じた瞬間。そう考えると、モノの価値とは何だろうと思う。モノには絶対的な価値などなく、相対的なものなのだ、という当たり前のことをあらためて思い知らされた。モノの価値が180度変わる瞬間。それを味わったとき、若気の至りを痛感するのだろうか。それとも年を重ねたことにより、さらに審美眼が磨かれたと誇らしく思うのか。

(さらに…)

Share

RENAULT Lutecia R.S. & Trophy

木曜日, 1月 4th, 2018

左の白いのが2016年ルーテシアR.S.トロフィー(Ph1)、右が2017年ルーテシアR.S.トロフィー(Ph2)クルマにおける技術の進歩とは、より快適に、より安全に、より簡単に、に集約されると思う。車外がどんな環境であっても、車内は居心地がよく、あらゆる危険から乗員を守ることを目指し、クルマの技術は進歩してきた。しかし、最後の「より簡単に」は、技術が進歩するほど薄まっているような気がしてならない。それは従来、人が行なってきたことを機械に任せたことよって起こる弊害なのだろうか。「楽=楽しい」は本当なのだろうか。答えは出ない。

(さらに…)

Share

【Engine Oil】ありそうでなかったオイルをつくる。Supernova by Lubross

水曜日, 12月 6th, 2017

今回は久々にオイルの話。オイルの話といえば、前回もご登場いただいた「ルブロス」の永野さん。何やら新しいオイルをつくろうという話が持ち上がっているらしく、おもしろそうなので首を突っ込んでみました。

 

 

 

(さらに…)

Share

【EVENT REPORT】French Blue Meeting 2017

金曜日, 11月 3rd, 2017

2017年10月28日(土)、29日(日)の両日、長野県・車山高原にて第31回「French Blue Meeting 2017」が開催された。前週末、日本列島は台風に見舞われ「ああ、1週早く来てくれてよかったね」という安堵の気分を吹き飛ばすかの如く、この2日も日本列島を台風が直撃。風はそれほどないものの、大雨となった。
しかし、そんな荒天でも来る人は来る。気合いの入ったクルマを中心に、あーだこーだ言ういつもの回をお届けしよう。

(さらに…)

Share

RENAULT Kangoo ZEN 1.2T

水曜日, 9月 6th, 2017

ルノーがちょっと前から、各車のベーシックグレードに「ZEN」という言葉を使い始めた(欧州では若干豪華なグレード)。これは何を意味するのか。「ZEN」はフランス語で「冷静」や「落ち着き」という意味があるそうだが、そのままの意味なのか。もしくは「禅」と同じ響きであることから日本文化への憧れを示したものなのか。それともまったく別の意味があるのだろうか。カングーにおける「ZEN」を考えてみる。

 

(さらに…)

Share

お知らせとお詫び

火曜日, 9月 5th, 2017

ああ、またしても好まざる投稿をしなければなりません……。

今回のヴィブルミノリテ、アップが遅れておりまして申し訳ありません。

いやぁ、なんでこんなに月日が流れるのは速いんでしょうね。

先月末から遠方への出張が重なり、執筆時間が取れなかったのが原因であります。

もう少しお待ちください。今回は「カングーZEN 1.2ターボ6MT」をご紹介予定です。

Share

PEUGEOT 607 Comfort

金曜日, 8月 4th, 2017

フラッグシップとは何か。そのメーカーを象徴するモデル? デザインの方向性を決めるモデル? フラッグシップに重厚な存在感は必要? 著名なフラッグシップモデルがあるなか、あえてプジョー607というあまり目立たないモデルに乗ったことで見えてきたことがある。フラッグシップの存在価値を考えさせられる1台だ。

 

 

(さらに…)

Share