Archive for the ‘vive le minorité’ Category

【CROSS TALK】カーエレクトロニクスのアレコレ

水曜日, 9月 8th, 2021

――8月某日、とある喫茶店で。近頃の話をしていたら、自動車業界の半導体不足からカーエレクトロニクスへ話が広がった。

 

 

 

 

(さらに…)

Share

お知らせ

金曜日, 9月 3rd, 2021

ヴィブルミノリテの更新ですが、毎度のこと遅れておりまして、
来週の半ばくらいまでにはアップできる予定です。

今回はカーエレクトロニクスについてのクロストークです。
もうしばらくお待ちください。

Share

RENAULT Twingo 3 GT TCe 110

土曜日, 8月 7th, 2021

新車はラインナップされているグレードから自分の好きなものを選び、色を選び、オプションを選び……と自由度が高い。しかし、中古車は一期一会である。そのとき出てきたクルマが自分の欲しいものであるなら、価格はどうあれ、買うべきだと思っている。お金は後から生み出すことができるが、自分の好みにぴったりの中古車がもう一度、市場に出てくる保証はない。しかも、これからはエンジン車がどんどん減っていく。さらに中古車を買うのが難しくなる。
メーカーがエンジン車をラインナップしなくなる→新車でエンジン車が買えなくなる→中古車市場で良質なエンジン車が高くなる→中古車高騰(いまココ)→良質な中古車も買えなくなる→質の悪い中古車を買わざるを得なくなる→それすらも高騰していく……。このような状況になるのは、容易に予想が付くというものだ。

(さらに…)

Share

Renault Laguna Estate

日曜日, 7月 4th, 2021

「高級車とは何か?」という話は、よくクルマ好きの間で話題になる。なぜいまだにそんな話が続いているのかは、その質問に含まれる言葉が関係していると思う。「高額車とは何か?」なら、一発で答えが出る。しかし高「級」車である。この「級」がクルマ好きの認識を迷わせ、多様化させるのだ。

(さらに…)

Share

Renault Clio 1.5 dCi 90

月曜日, 6月 7th, 2021

ガソリンエンジンと同じく、クルマに搭載されるディーゼルエンジンもやがて消えゆく運命にある。そもそもディーゼルエンジンが悪者に仕立て上げてしまったのは、2015年のVWによるディーゼルゲート事件だと個人的に思っている。日本のハイブリッドエンジンに勝てないと考えたEU諸国のカーメーカーは、ディーゼルエンジンに活路を見出したはずなのに、自らの首を絞めてしまった。苦境に追い込まれ、その代替策としてEVを表舞台に上げた結果、ガソリンエンジンまでも巻き添えを食ってしまった。偏見に満ちたストーリーかもしれないが、ガソリン、ディーゼルともに内燃機関に乗れる時間はもう限られている。

(さらに…)

Share

【DIY】エアコンフィルターの交換(メガーヌ3 RS)

月曜日, 5月 3rd, 2021

ヴィブルミノリテの新しい企画! なんて、たいそうなもんじゃないですが、今回はDIYをやってみようかと思います。その第一弾が「エアコンフィルターの交換」です。

(さらに…)

Share

【CROSS TALK】中古車の価格はどうやって決まるのか?

日曜日, 4月 4th, 2021

【某月某日】RENOにて

Morita(以下、M)/(店の前の在庫車をチラチラ見ながら)こんにちは。

Suzuki(以下、S)/ああ、どうもー。

M/なんか新しいクルマが入ってますね。

S/トゥインゴ2 RS。オランダ仕様の中古並行車です。

M/へぇ。いいですね。いくらくらいで出すんですか?

S/そうだねぇ。85万円くらいかなぁ。

M/なるほど。あのつねづね疑問に思ってたんですけど、中古車の値段ってどうやって決めてるんです?

S/ああ、そう言われると一般の方は知らないかもしれないね。じゃあ、その話でもしますか。

(さらに…)

Share

【Tale】Alfa Romeo 115 Spider Veloce

日曜日, 3月 7th, 2021
 

 有里がこのクルマを見たら、どんな顔をするだろうか。
 夜明け前、私はそんなことを想いながら、がらんとした街中を空港に向かって走っていた。

 

 

 

 

(さらに…)

Share

Renault MEGANE Estate 2.0 GT180

月曜日, 2月 8th, 2021

男性の平均寿命の半分あたりを超えてくると、年齢は重ねていくのではなく、カウントダウンされていく意識に変わる。たとえば80歳で死ぬとしたら、あと何年生きられるのだろうか、と考えてしまうのだ。そうなると墓場までカネは持っていけないのだから、カネをどれだけ稼いだかよりも死ぬ瞬間に「ああ、いい人生だった」と思えるかどうかに価値が置かれる(他の方は知らないが、僕はそう)。そのためには、後悔のない日々を送るしかない。それは仕事も遊びも、クルマも同じだ。

 

(さらに…)

Share

【CROSS TALK】あの時代の、あのクルマたちが、ギリギリ(もしくはすでにアウト)な件

火曜日, 12月 29th, 2020

12月某日。RENOさんに行くと店の前にテンサンラリーが置いてあった。「お!」と思ってマジマジと見つめる。かなり塗装がヤバめな感じ。ああ、そういえば、このスピードライン履いてるテンサンライリー、以前どこかの駐車場に停まっていたのを見かけたことがある。そのときはチラッと見ただけだったけど、だいぶ長い間、動かしていないような印象だった。

(さらに…)

Share